会計

販管費とは?経費節減の失敗例と今すぐ使えるチェックリスト

経営者の皆様は毎月定期的に「試算表」をチェックしているかと思います。

「会社の状況やどのくらい経費がかかったのか?」

そして

「利益がどのくらいあり、どのくらい先の投資にまわせるか?」

など会社の将来を見据えた計画を立てるためには、試算表は重要な書類です。

その試算表の中にある「販管費」についてより理解を深めて、会社の発展に役に立てましょう。

続きを読む

3分だけ私に時間をください!誰にでもわかる売掛金と買掛金

「売掛金と買掛金…」

何となく意味はわかっていても、いつも混乱してしまうこの言葉に悩まされている人はどのくらいいるでしょうか。

経理や簿記の資格を持っている人なら聞き覚えがあるかもしれませんが、起業したばかりの経営者やサラリーマンの方は日常この言葉を意識して過ごしているという人は少ないかと思います。

しかし正しい会社の状況を判断するためにはこの「売掛金と買掛金」を理解し、導入することが必要不可欠です。

また支払い漏れや代金の回収漏れを防ぐためにも、しっかり数字を管理しなくてはいけません。

続きを読む

数字に強い経営者になろう!経営に役に立つ試算表とは?

試算表は決算処理の中で作成する帳票ですが、損益計算書や貸借対照表といった財務諸表に比べてあまり認知されていないようです。

その名が示すように最終的な書類ではないということもありますが、記載される内容は損益計算書や貸借対照表と変りません。

作成のタイミングや運用の仕方次第で経営に役立てることができます。

  • 「試算表」の記載内容
  • 決算処理の中での位置づけ
  • 作成方法

を紹介し、経営に活用するためのポイントについて解説していきます。

経理に携わる方だけでなく、経営層や事業責任者の方々も是非参考にしてください。

続きを読む

試算表の見方を徹底解説!早期に経営状態を把握しよう

試算表は決算処理の中で作成する帳票ですが、損益計算書や貸借対照表といった財務諸表に比べてあまり認知されていないようです。

その名が示すように最終的な書類ではないということもありますが、記載される内容は損益計算書や貸借対照表と変りません。

決算期だけではなく直近の試算表の内容をみることによって、早期に経営状態を把握することができます。

「試算表」の構造や記載内容を紹介し、見るべきポイントや分析・評価の方法について解説していきます。

経理に携わる方だけでなく、経営層や事業責任者の方も参考にしてください。

続きを読む

【決算書の見方】BS/PL/CFチェックするべきポイント

ビジネスシーンでは、決算書を見ることができる(分析できる)ことはメリットになります。

しかしたくさんの数値が並んでいて「決算書や簿記は苦手」という方も多いのも事実です。

経理担当者であれば、決算書の作り方や簿記の詳細のルールまで知っている必要はあります。

しかし、ビジネスで「決算書を見ることができる(分析できる)レベル」でよいのであれば、経理担当者ほどの知識はいりません。

それどころか全体像を把握するには細かいところまで見なくても良い場合もあるほどです。

今回は、簡単に決算書を分析できる状態までお伝えします。

もちろん決算書自体があまり詳しくないと言う方のためにも、「決算書とはどのようなものか?」という点からスタートして、最終的に分析手法まで行くことになります。

ぜひ、ビジネスにお役立ててください。

続きを読む

固定費と変動費って何?あなただけに教える具体的な削減方法

会社を経営するうえで、経費は低いほうが良いに決まっています。

しかし何でもかんでも削減すればよいというものではありません。

コスト削減が会社や社員の意欲の削減につながっては意味が無いのです。

まずは経費を変動費と固定費に分解すると、どこに着目するのが効果的か見えてくるはずです。

しかし、

「固定費って?変動費って?」
「実際固定費はいくらかかっているの?変動費はいくらかかっているの?」

と実際はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

固定費と変動費の違いや、削減の具体的な方法を一緒に学びましょう!

続きを読む

知っておきたい減価償却資産耐用年数・定額法と定率法とは?

現在あなたの会社にはどんな減価償却資産がありますか?

減価償却資産を所有している場合は、決算の際に減価償却をしなければなりません。

そのときに必要なのは各資産の「耐用年数」です。

では耐用年数とはどんなものでしょうか。

減価償却資産により耐用年数がきちんと定められています。

全て税理士さんにお任せしているという方も一度定められた耐用年数を確認してみませんか?

続きを読む

今すぐ作成しよう!資金繰り表の必要性と4つの活用方法

会社の「資金繰り」をしていく中で、「資金繰り表」の必要を感じることがあります。

また、銀行との会話の中でも「資金繰り表」を作ってくださいと言われた方も多いと思います。

そんな時に初めて「資金繰り表」を作成する場合、どのように作ればよいのかと迷うはずです。

それは法律で「このように作成しなさい」と決まっている決算書と違って、「資金繰り表」は自由形式であり、このように作りなさいというルールがないからです。

そこで今回は「資金繰り表とはどのようなものか」、「どのように作っていけばよいか」からスタートして、その活用方法まで説明していきます。

ぜひ会社の資金繰りの改善に役立ててください。

続きを読む

5分でわかる!経営に必要な資金繰りの知識とは?

「資金繰り」というと、人によっては捉え方が違うかもしれません。

「倒産ギリギリの会社が資金をどうにかすること」と思ったり、「銀行対策をすること」と思ったり、「資金繰り表などで管理すること」と思ったりすると様々です。

それくらい、「資金繰り」という言葉は幅が広いのと同時に経営の中で重要な意味を持っています。

しかし、意外と「資金繰りなんて資金があれば関係ないし、やらなくてよいでしょう」と「資金繰り」について普段からあまり深く考えない場合も多くあります。

でも、実際は、大手でも資金繰りの失敗により倒産の危機に陥ることもあります。今、資金があるからといって資金繰りを無視してよいわけではありません。

また、「資金繰り管理」をすることは、経営をより良くしていくことにもつながります。

このように、資金繰りは経営をしていく上で重要です。では、「どのようなことに気を付けて資金繰りをしていけばよいのか」、「どのような管理をしていけばよいのか?」などを掘り下げて考え行きましょう。

続きを読む

5分で解明!粗利益(売上総利益)の意味と活用方法とは?

「利益の出ない会社は存続できない!」と言われます。しかし、その「利益」とは何なのか?疑問が浮かびます。

それは、一言で「利益」と言っても、段階によっていくつかの種類があるからです。

その中でも一番初めに出てくる利益であり、一番メジャーと言える利益であり、企業の「儲け」の源泉である利益が「粗利益」と呼ばれるものです。

今回は、そもそも「粗利益とは何か?」というところから始まり、「その他の営業利益、経常利益や純利益との違い」「業種別の粗利益の指標」「粗利益の活用方法」などに迫っていきます。

ぜひ簡単に粗利益を知り、粗利益を活用できるようにしていきましょう。 

続きを読む