長くお客様に継続購入してもらえる秘訣【口座振替とは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サービスや商品を購入して銀行振込で支払う場合、手数料がかかってしまいます。

価格がどれだけ安くても振込手数料がかかるとわかった瞬間、購入の意欲が無くなったり、他のサイトを探したりした経験があるかと思います。

それが毎月支払いが必要な商品であれば余計にそう感じるはずです。

また手数料だけでなく毎月銀行に振込みをする手間や時間を考えると、やっぱり購入する意欲がなくなってしまいます。

そんな時に便利な口座振替での支払いサービスがあったらどうでしょうか。

口座振替とは?

口座振替とは「各種サービス利用代金の支払を、申込者が指定した銀行などの預金等取扱金融機関の預金口座から所定日に引き落とす(振替える)ことで、依頼主であるサービス提供者(収納機関)の収納口座へ送金されるもの」です。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

特徴 契約している銀行口座より毎月口座から直接引き落としとなる。
メリット クレジットカード契約できないお客様からも毎月決済ができる。お客様は振込手数料がかからない。
デメリット 初回契約から口座振替実行まで時間がかかる。また印鑑相違などが発生すると事務的手間が増える。

口座振替の申し込み方法

書面での申し込み

サービス提供者から送られてくる書面に、

  • 引き落とし口座情報
  • 銀行印

などを記入して送り返して申し込みをします。

通常契約まで1~2カ月時間がかかりますので、その間はサービス提供者の指定の方法で支払いを続ける必要があります。

ペーパーレスでの申し込み

専用の機械に、引き落とし口座のキャッシュカードを読み取らせて申し込みをします。

こちらの方法の場合は書面記入の必要はありません。

お勧めの口座振替サービスユニヴァ・ペイキャスト IPS決済代行システム

預金口座振替依頼書で申し込みする場合

申し込みまでの流れ

注:「サービス提供開始」とは、アカウントや帳票が納品され、加盟店様が加盟店ユーザー様から預金口座振替依頼書の受付を開始することを指します。「サービス提供開始」までは約1ヶ月半が目安です。

ステップ1 審査

審査依頼フォームと必要書類を担当営業にメールでお送り頂けましたら、1週間~2週間の審査後に結果をお答えします。審査は提携先の収納代行機関が行います。

ステップ2 申込時の必要書類

ご契約時の必要書類は以下の通りです。

  • 契約申込書(提供) 
  • 登記簿謄本(個人契約の場合は不要) 
  • 印鑑証明書
  • 代表者身分証明書 
  • 振込先金融機関の通帳コピー 
  • 預金口座振替依頼書

ステップ3 アカウントの発行

契約申込書受理後、初期導入費用のご入金が確認できましたら、毎月行って頂く手続きのマニュアルをメールにてご案内します。

また、口座振替サービスに必要なフォーマット一式を併せてご案内します。フォーマット一式の中には口座振替サービスのマニュアルやPDF版の預金口座振替依頼書などの、サービス運用に必要な情報をまとめております。

ステップ4  ご利用の開始

システム管理画面、及びフォーマット一式をメールでご案内した時点より、ご利用を開始いただけます。

引用 https://www.ipservice.jp/service/bank/kouza/paper/

ペーパーレスでの申し込み

預金口座振替依頼書を使わず、キャッシュカードと暗証番号だけのペーパーレス手続きで口座振替の登録が出来ます。

定期販売や月謝・会費制のビジネスを展開する事業者様は、登録の成否に関わらず、口座振替依頼書を受け取った時点でサービスや物品の提供を行う場合もあります。 そのため、登録の失敗による代金未回収や遅延のみならず、お客様に再度、口座振替登録の手続きをしていただく必要もあり、リスクと手間が少なからず存在していました。

特徴その1 その場で「かんたん」に口座振替登録ができる

ご利用方法はいたって簡単で、窓口に設置した専用カードリーダーでキャッシュカードを読み取り、お客様に暗証番号を入力していただくだけで、その場で登録結果が分かります。

引落しの開始も最短で37日と、従来より早める事が可能です。

特徴その2 その場で「かんたん」に口座振替登録ができる

「従来型でよくあった、代金回収の大幅な遅れや、口座情報の誤記や印影不一致よる依頼書の再回収などのトラブルが解消された」
「管理業務が効率化でき、より売上を伸ばすことに専念できた」
「顧客満足度が向上し、成約率と追加注文率が上がった」

等のお喜びの声を多数いただいています。

引用元 https://www.ipservice.jp/service/bank/kouza/kantan/

導入までの流れ

ステップ1  審査

審査依頼フォームと必要書類を担当営業にメールでお送り頂けましたら、1週間~2週間の審査後に結果をお答えします。審査は提携先の収納代行機関が行います。

ステップ2 申込時の必要書類

ご契約時の必要書類は以下の通りです。

  • 契約申込書(提供)
  • 登記簿謄本(個人契約の場合は不要) 
  • 印鑑証明書
  • 代表者身分証明書 
  • 振込先金融機関の通帳コピー 
  • 預金口座振替依頼書

ステップ3 アカウントの発行

契約申込書受理後、初期導入費用のご入金が確認できましたら、コントロールパネルのアカウントを発行します。そちらから毎月の引落リストをアップロードしてご利用ください。

ステップ4 ご利用の開始

コントロールパネルのアカウントをメールでご案内した時点より、ご利用を開始いただけます。

引用元 https://www.ipservice.jp/service/bank/kouza/kantan/

まとめ

口座振替サービスを導入すれば、もちろん月額費用や手数料などのコストがかかります。

しかし口座振替サービスがなくて、購入をためらっているお客様の数を考えれば決して損になることはないのではないでしょうか。

口座振替サービス利用のお客様は、継続して商品やサービスを利用してくださる優良な顧客となります。

できる限り長く継続してもらえるように口座振替サービスを導入して、お客様の負担を少なくしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*