知らなきゃ絶対損するよ!【PART2】労働移動支援助成金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

またまた突然ですが

「労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)」

って知っていますか?

正直これも私は知りませんでした…。

これも、もっと早く知りたかったな…。と激しく後悔しています。

あなたには私と同じ思いをして欲しくないのでまたまたここで説明しておきます!

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)とは?

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)とは?

中途採用者の雇用管理制度を整備し、中途採用の拡大(中途採用率を向上させること、又は、45歳以上の方を初めて中途採用すること)を図り、生産性を向上させた場合に助成します。

引用 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160737.html

という内容です。

中途採用率向上の助成金

中途採用者の雇用管理制度を整備し た上で、中途採用率を向上させた事 業主に対する助成で、1事業所あた り50万円を支給します。

助成金の支給対象となる方

次の①から③のすべてに該当する方が対象となります。

  1. 中途採用者として雇い入れられる方 
  2. 雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者として雇い入れられる方 
  3. 期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く)として雇い入れられる方

対象事業主

助成金の対象となる事業主は、次の(1)と(2)を満たしている必要があります。

引用 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/29060501.pdf

労働移動支援助成金申請(中途採用拡大コース)計画書提出の流れ

まず雇入れの前に計画書を事前に提出しなくてはいけません。

最寄りの労働局窓口に必要書類を持参して、受理をしてもらってください。

 

中途採用計画届け出に必要な書類

様式ダウンロード http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160757.html

計画書に変更があった場合

引用 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/29060501.pdf

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)支給申請の流れ

中途採用計画の終了日の6か月後の翌日から起算して2か月以内に、次の書類により管轄 の労働局に申請する必要があります。

支給対象となる措置(支給要件)

(1)中途採用の拡大等に係る計画(中途採用計画)を作成し、労働局に提出すること

助成金の受給には、次の内容を満たす中途採用計画を作成し、提出する必要があります。 計画期間(中途採用率の向上に取り組む期間)は1年間です。

(2)中途採用計画の内容を実行すること

助成金の受給には、(1)の中途採用計画に基づき、次の①②を実行する必要があります。

「中途採用率」の算出方法

(3)生産性要件*を満たすこと

助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、①②のいずれかを満たすこと

  1. ①その3年度前に比べて6%以上伸びていること
  2. その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること(※)

(※)この場合、金融機関から一定の「事業性評価」を得ていることが必要です。

生産性要件について

● 生産性要件を算定するための「生産性要件算定シート」を厚生労働省のホーム ページに掲載しています。これをダウンロードし、該当する勘定科目の額を損益 計算書や総勘定元帳の各項目から転記することにより生産性を算定できます。

ダウンロードはこちらから↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137393.html

● なお、助成金の支給申請に当たっては、各勘定科目の額の証拠書類(損益計算 書、総勘定元帳など)の提出が必要となります。

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)の申請期間等の考え方

引用 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/29060501.pdf

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)の注意点

事前に計画書を!

この助成金は雇い入れの前に計画書を作成し、提出・受理がされていないといけません。

人材を採用する予定がある場合は労働局に相談をしながら、必要があれば計画書を作成して提出しましょう。

計画書の作成はひな形があるので難しくはありません。

支給申請は期限を忘れずに!

支給申請は「中途採用計画の終了日の6か月後の翌日から起算して2か月以内と決まっています。

様々な支給要件がありますので、少しずつ準備をしながら期限内に申請できるようにしておきましょう。

まとめ

近いうちに中途採用をする予定がある場合は、労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)の申請を検討してみてください。

助成金の申請はわかりにくい部分もあるかと思いますが、労働局に相談しながら進めて行くと安心です。

新しい人材を採用すると会社は大きく成長します。

その成長のために助成金があれば、さらに成長するスピードが早くなります。

是非助成金の申請について一度検討してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*