必見!集客用LPを通常の1/2以下で外注制作する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WEB広告(PPC・Facebook広告等)を活用して、無料問い合わせや見積もり・資料請求を取るために費用対効果の高い集客用LPを作成したい方は、いらっしゃるのではないでしょうか。

でも、こんな問題にぶち当たってWEB広告をあきらめようとしていませんか?

  • 集客用LPを制作見積もりしたが予算が大幅に足りない・・・
  • どうすれば反応の良いLP制作ができるのかわからない・・・
  • WEB制作の力がないので、自社で作ることもできない・・・

といった悩み。

今日は、WEB広告に必要な集客をするLP製作を一般的な制作費用よりも半分以下にする方法をお伝えします。


高額なLP製作費は損!LP制作は改善に費用をかけるべし!

初めて、広告を出すためのLP(ランディングページ)の製作を考えている方は、WEB製作会社へ依頼すると思います。

通常であれば、LP製作の専門業者見積もりは50万円~200万円が相場になっています。

とても大きな製作費用となるため、WEB広告を初めてする方にはハードルが高いです。

前提として、WEB製作の費用は、原価は人件費と製作費用になるため、見積もり金額は『言い値』の部分はあります。

実際に見積もりを専門業者へ依頼するときは5社程度の相見積もりをしてください。

平均の依頼単価が分かります。

また、初期のLP製作費用が高いからといってユーザーの反応率が高いLPになるとは限りません。

とても重要なポイントです。

製作費用が高いと、デザインが凝った美しくてきれいなLPが完成しますが、効率よく集客ができるLPになっているかというと別問題です。

WEBマーケティングで重要なことは、広告を出して、反応率を改善していくこと。

つまり、LPが完成したら終わり!!ということではありません。

また、製作した後も広告費と改善費用はもちろん掛かります。

これを考慮した上で、最初はたたき台のLPを作り広告を回しながら素早くLPの改善をすることが一番結果が出やすいです。

10万円~30万円程度のLPを作成して、残りの予算を改善費に当てていきましょう。

LP(ランディングページ)の製作はフリーランスに外注化する

そもそも、LPを製作しようとしてもWEB製作のスキルがなければ作ることはできません。

そこで、自社で作るのではなく集客用LP製作を得意とするフリーランスに依頼をしましょう。

フリーランスとは、個人事業主として自分の得意なスキルを提供している方です。

制作会社ではなく、クラウドワークスを活用する

クラウドワークスには、様々な専門スキルを持ったフリーランスが集まっています。

WEB製作・デザイン・チラシ製作・ライティングなどなど専門的なスキルを持った方に仕事を依頼できるサービスです。

⇒クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

企業じゃなくて、個人のフリーランスを信用することができないという方にも、安心して仕事を依頼できる仕組みがあります。

案件を依頼する前に、過去の実績や製作物を聞いてフリーランスの方のスキルを確認できます。

実際に、WEB製作を10年以上しつつデザイン編集が得意なフリーランスの方がいます。

また、予算をあらかじめ決めて見積もりの依頼ができるため費用を抑えることも可能です。

集客用LPを製作依頼する前の準備


LP製作といっても、どんなものを作ればいいのか。まったくイメージできない方は、同業者のLPを見ましょう。

あなた自身がお客さまになって、無料見積もりやお問合せをしたくなるようなLPを探しましょう。

そのときに調べるコツがこちら。

『業種またはサービス名』+『見積もり』検索

『業種またはサービス名』+『資料請求』検索

実際に検索して調べてみてください。

そして参考にしたいWEBページのサンプルを集めていきましょう。

参考ページを効率よく集めていくテクニック

参考LPを集めていくときに、あなた自身で判断してほしいポイントがあります。

ポイント1:LPを一目みたときに見積もりや資料請求がしたくなるか。

ポイント2:自分の業種にあった、LPのイメージや配色を探す。

ポイント3:全体の流れや構成をみてお気に入りを探す。

この3つのポイントを押さえた参考LPを5つ~10つ持っておくことで、製作を依頼するときにイメージと構成を伝えられやすいです。

ちなみに、いろんなランディングページを参考にしたい方は

『ランディングページ集めました』

http://lp-web.com/

こちらのサイトを参考にしてください。
様々なLPを一度に見ることが可能です。

クラウドワークスで簡単にWEB制作を依頼するステップ

それでは、参考にしたいLPをもとにクラウドワークスでLP制作を依頼しましょう。

ステップ1:クラウドワークスにログインする。

※会員登録はメールアドレスを入力するだけでできます。

ステップ2:クライアント(発注者)メニューに切り替える

ステップ3:『新しい仕事を依頼』をクリックする

ステップ4:依頼したい仕事 ⇒ 『ホームページ制作・WEBデザイン』・『ホームページ作成』又は『ランディングページ(LP)制作』を選択する

ステップ5:依頼形式 『プロジェクト形式』を選択する

ステップ6:仕事の内容を入力する 

・依頼タイトル 参考例 『○○の集客用ランディングページを制作してくれる方募集!』

※○○には、業種やサービス・商品名を入れてください。

・目的・概要 参考例 『○○の資料請求用のランディングページを制作していただける方を募集しています』

・依頼詳細 

参考例

 参考URLにちかいものを制作してください。
 レイアウトなどはダイレクトメッセージにてお話させていただきます。
 応募される際は、実際に制作されたHPのURLを記載してください。

・参考サイト名 ※あなたが参考サイトとして探したサイト名を入れましょう。

・参考サイトURL ※あなたが参考サイトとして探したサイト名を入れましょう

・期待する効果 アクセスUP・問い合わせ向上にチェックしましょう

・サイト種類 ※その他 集客用ホームページ 又は 集客用LP

・ターゲット像 ※あなたのお客様の平均年齢を入れましょう。

・希望する色 ※イメージにあった配色を選択しましょう。

・納品方法 メンバーに任せるを選択しましょう ⇒ 打ち合わせの時に聞きましょう。

・必要なページ 初めて依頼をする方は、

『必要なページがわからない方はこちら(メンバーにお任せ)』選択

・用意してある素材 会社のロゴや作業風景などの写真がる場合は、

『用意してある素材を指定する』を選びましょう。
          素材を用意していない場合は、『素材を用意していない方はこちら』を選びましょう。

・重要視する点・経験  参考例 納期をしっかりと守っていただける方、クライアント企業とのコミュニケーションが慣れている方
                過去に集客用のサイトを制作したことがある方

・注意点・禁止事項 参考例 著作権や他社のコピーや商標の活用をすることは禁止します。
              他のクライアント様へ使用したデザインを活用することを禁止します。

・その他のコメント 参考例 たくさんのご提案をお待ちしております。

・応募者への質問 参考例 『WEB制作の経験は何年くらいでしょうか?』『WEBデザインの提案はできますか』『過去に制作したWEBを見せて下さい』

・求めるスキル 『HTML』『イラストレーター』

・添付ファイル 空欄でも構いません

・特記事項 選択なしでもかまいません

・会社名を表示する 表示可能な場合は表示する

 

ステップ7:予算と支払い方法を決める

応募期限 WEB制作の応募期限を入れましょう オススメは一週間以内です。
     オプションの選択は入れないでください。追加費用になります。

支払い方式 固定報酬を選択しましょう。

希望する契約人数 1人 選択しましょう。

予算 10万円~30万円を選択しましょう。
   マイルストーン支払いの対応はチェックしておきましょう。

納品希望日 1か月~2か月先を選択しましょう。※これは打ち合わせにて決めることが可能です。

 

ステップ8:確認画面に進むをクリックしましょう。 

最後に募集内容を確認して『この内容で登録する』をクリックすれば完了です!

作業はここまで。

一覧の流れを覚えてしまえば、簡単にLP製作を依頼することができます。

クラウドワークスの活用方法はまだまだあります。

次回もお楽しみくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。