今すぐ知りたい!言葉で人を動かすコピーライティングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

言葉の力で物を売る技術をコピーライティングといいます。

よく「言葉の力で人を動かす」とみると、小説家のような素晴らしい言葉を駆使する人、のように感じる人がいますがそれは間違いです。

このコピーライティングというものは技術・スキルであり、テクニックといえます。

つまり、訓練さえすれば誰もが手に入れられるというわけです。

今回は、このコピーライティングについて少し詳しく見ていきましょう。

言葉で人を動かすとはどういうことか

インターネットの世界、ネットマーケティングの世界では、私たちは「文章」や「話」といった言葉で人に訴えかけます。

確かに写真や音楽といった内容も非常に大事です。

しかし、インターネットで最初に人の目に飛び込んでくるのは言葉でしょう。

Googleで検索するとき、基本的に私たちは言葉だけでできた検索結果からどのサイトを開くかを決定します。或いは、ニュースサイトを想像してください。

 確かにセンセーショナルな写真もあるでしょうが、それ以上に自分の興味があったり、自分が知りたいことに近そうな題名などを参考にしながら、ニュースを探して読んでいくのではないでしょうか。

インターネットの世界では、言葉は非常に重要な要素となっています。

特に

「人に物を売ったり人に読みたい」と思わせたり、或いは「この人に会ってみたい」「この人と話してみたい」そういった気持にさせる言葉・文章を書けたらどうでしょうか。

インターネットで成功している人たちの多くは、こうした文章の書き方を知っているのです。

人はどうして言葉で動くのか

インターネットを通じて私たちは買い物をしたり友達を作ったりできます。

インターネット通販の爆発的な伸張は今後も続くことが期待されていますし、今まで以上に趣味や興味でわかれていくSNSによって友達関係は更に大きく豊かなものになっていくでしょう。

その時に非常に重要なものがあります。それが文章です。

どうして人は文章によって行動するのでしょうか。

それは、言葉によってイメージを膨らませることができるためです。

「言葉を受けとり、それを元に自分の中でイメージする」

「自分が行動を起こした結果として得られるベネフィットを感じる」

と、人は行動を起こしたくなるのです。

良いコピーの書き方とは?

ここでは人を動かすことのできるコピーを良いコピーとしましょう。

そして、今回は商品やサービスを買ってもらうためのコピーを書くことをイメージしてください。

そうしたコピーを書くための基礎的なものを3段階に分けてご紹介します。

リサーチ・リサーチ&リサーチ

まずは知識を蓄えることが必要です。

あなたが提供する商品やサービスについて、より深く知らなければよいコピーを書くことはできません。

「ドリルを買う人はドリルが欲しいのではなく穴が欲しいのだ」

とは非常に有名な言葉ですが、ドリルを使うと穴が出来ることを知らなければ穴を売ることはできません。

あなたが提供する商品やサービスが、それを受け取った人に何を提供できるのか。

この部分は絶対に外してはいけません。

例えば、ダイエット商品をあなたは扱っているとしましょう。

そのダイエット商品は今までにない画期的なものです。では、その画期的というのはどういうものでしょうか。

  • 飲むだけで痩せることが出来る
  • 安く済ませることができる
  • 楽に痩せることができる

痩せるという圧倒的なメリット以上に、あなたが相手に対して何を提供できるのかを考える必要があるのです。

あなたは誰に向かって話をしているのか

あなたはインターネットを通じて商品やサービスを提供しています。

そこには文章という形でのコミュニケーションが発生しているのです。

つまり、あなたは虚空に対して文章や言葉を発しているのではなく、実際に存在する誰かに向かって文章や言葉を発しています。

こうした存在する誰かのイメージを「ペルソナ」といいます。

ペルソナを具体的にイメージし、そしてペルソナの心を動かす文章を書くことで、あなたはよいコピーを書くことができるようになります。

例えば、あなたはダイエット商品を扱っています。

誰に対してそのダイエット商品を勧めようとしていますか?それは、若い女性でしょうか?若い男性でしょうか?

或いは、産後のおなかが気になる人?それともビールの飲み過ぎの中年男性?

こうしたターゲットをしっかりととらえることで、何に困っていて何をどう改善したいのかが見えてくるはずです。

【共感と反感】相反する気持ちをどうとらえるか

何を提供するのか?誰に向かって話をしているのか?

それをしっかりとイメージした後にしなければならないのは心をどう動かしていくのかということになります。

どういった気持をどのくらい動かしたいのか?

共感は反感ともつながる非常にセンシティブな問題をはらんでいます。

例えばあなたはダイエット商品を扱っています。

そのダイエット商品は飲むだけですぐに効果の出る画期的なものでした。

それを若い女性に提供しようと考えました。

特に、結婚したいと焦っているような20代後半から30代前半です。

ここで、あなたは「ダイエットをすると結婚出来るよ!」というベネフィットを提供したとします。

これは、結婚したいという女性に共感をしている文章であると言えます。

しかし一方で、こうした若い女性は他人の目を気にすることがあることがわかっています。

「とても簡単に痩せることができる=何をやっているかわからない危険な人」

と捉えられてしまったらどうでしょうか?

これは反感に繋がってしまいます。

共感と反感の度合いをコントロールしなければ適切な心の動きを作ることができないのです。

人は欲しいものを欲しがっている

欲しいものが欲しいという非常に有名なキャッチコピーがあります。

また、iPhoneがまだ世に出ていない時、携帯電話を使っている人に欲しいものを聞いてみると、誰もiPhoneを欲しがらなかったという研究結果もあります。

多くの場合、人は自分が本当に欲しいものをわかっていません。

そして、同時に本当に欲しいものを他人に提供されたがっています。

便利であるとはどういうことなのか、メリットがあるとはどういうことなのでしょうか。

多くの場合、人はより豊かになるということをイメージできません。

イメージできるのは豊かになった結果、成功する自分です。

あなたが扱っている商品を使うと

  • 相手はどうなるのか
  • 他人からどう見られるようになるのか
  • どう成功するのか

こういった道筋を経て人は本当に欲しいものを見つけることができるのです。

人は他人の言葉では納得できない

心理学やカウンセリングの分野で、エコーリングという患者の言っている名詞や形容詞を一字一句おうむ返しに伝える技法があります。

これは、人は他人の言葉では情報が入ってこないが、自分の言葉では情報を手に入れ易いという脳の仕組みを利用した技法です。

マーケテイングやコピーライティングでもこの技法を活用していきます。

人は自分の言葉で情報を伝えられると、

  • この人は自分のことを分かってくれる
  • この人なら信頼できる

と感じるようになります。

人は他人の言葉では納得できないのです。

出来ることならば、あなたが扱っている商品を他人はどう感じるのかどう捉えるのか?そうしたことをしっかり言語化して、使用頻度の高い言葉に変更していくことをしていきましょう。

それを注意するだけで、コピーの成功率は飛躍的に高まるはずです。

まとめ

コピーライティングという技法は、生まれながらにもった天才的な技法などではありません。

訓練と勉強で着実に見に着くものです。

出来る限り多くのコピーを書き、経験を積んで行くことでより良いコピーがかけるようになります。

また、コピーを書くときも、

  • 商品の魅力の伝え方や誰に話しているのか
  • それは共感を生み出す適切な書き方なのか

などのポイントをしっかり押さえながら書いていくことによって、飛躍的に良いコピーが書けるようになるでしょう。

最後に肝心なのは音読することです。

神は細部に宿るという言葉があります。

良いコピーは、スムーズにリズムよく読んでいくことができます。

音読してつまづく箇所があったら修正するという方法も良い方法でしょう。

ぜひ、この様な技法を使って、あなたも優れたコピーライターを目指してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*