起業資金0円で起業をする方法とお勧めの業種4選

「起業したい!」と思った人が本屋に行ってその手の本を手に取ると「起業するには300万円は最低必要」とか「店舗経営なら1000万は用意しよう」などと書いてあります。

これを見て大抵の人は「ああ、自分には起業はまだだな・・・」ということになってしまいます。

また、手元に300万円とか1000万円ある人は、本に書いてある通りに起業してしまうかもしれません。

最初に言っておきます!

お金がないから起業をあきらめることも、お金があるからすぐに会社や店舗をつくってしまうことも両方間違っています!

起業のための資金がゼロでも会社は立ち上げられますし、300万円や1000万円手元にあるからといって、本に書いてあることをよく吟味せずに手続きをしてしまうと、ほぼ起業は失敗します!

真実をしっかり熟読して失敗のない起業と資金の関係について学んでください。

続きを読む

有名起業家に学ぶ起業家精神の真髄と成功する10のポイント

起業家精神とはビジョンを持ってそれを確実にするパワーのことです。

会社の社長さんになってみたい・・・だれもがこんな夢を見ることがあるでしょう。しかし、夢を見ているだけでは起業することはできません。

社長になればいい!というのではなくきちんとした将来像を持つことが大切です。

言い換えれば夢を現実にすることができるのが起業家です。いったいこの会社はなんのために存在しているかを徹底的に考えることで従業員、お客様が自然と集まってきます。

しかし、このパワーはどうやって身につけたらいいのでしょうか?この記事では、夢を現実にしていく起業家の特徴・秘密を探ります。

続きを読む

下請法を知る!1分でわかる資本金の該当条件とリスク対処法

下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)とは、下請取引において親事業者が優位な立場を利用して不公正な取引を行わないよう、昭和31年に立法化された法律です。

対象となるのは、親事業者、下請事業者双方の資本金の額、及び取引の種類によって決められています。

しかし、対象となる条件が少し複雑なので理解するのは簡単ではありません。

そのため、ここでは下請法が適用となる資本金とその他の条件を簡単にご理解頂けるよう整理しました。

また、対象となる場合の義務、禁止行為、および違反した場合の罰則規定もわかりやすく解説します。さらに、親事業者、下請事業者共に起こりうるリスクに対してどう対処すべきかまで詳しくご紹介します。

読み終えたときには、下請法とどう向き合うべきなのか全て理解できます。

ぜひ、自社の取引の参考にしてください。

続きを読む

「ベネフィット」の意味とは?正しく理解して活用する方法

突然ですが想像してみてください。

「お客様が得られるベネフィットを教えてくれ」と会議中に突然上司に言われたら、即答できますか?

「お客様が得られるベネフィットとは、◯◯です!」と即答できる方もいるかと思いますが「えっ、ベネフィットって何?」と焦った自分の姿が思い浮かんでしまったのはあなただけではありません。

今回は今までよくわかっていなかったベネフィットの意味だけでなく、ベネフィットの設定方法を理解し活用方法を説明したいと思います。

是非明日からの会議に、ビジネスにご活用ください。

続きを読む

起業時必見!日本政策金融公庫融資が成功する3つのポイント

これから起業をしようという人や中小企業経営者にとって大きな悩みとなる「融資」。

  • 確実
  • 簡単
  • 最短

で融資ができたらいいなと思った方は一人や二人ではないはすです。

しかし、お金を借りるためには一定の手続きや準備は必要です。

そこで今回は起業時に「日本政策金融公庫」で融資をするための準備や手続きに関しまして、わかりやすく説明をしたいと思います。

準備がきちんとできていれば融資への成功率が高まります。

最後まで読んで頂いて融資成功への最短ステップを手に入れてください。

続きを読む

3分で理解!ブルーオーシャン戦略で新規市場を開拓しよう!

ブルーオーシャン戦略という言葉注目されています。

これまでの血で血を洗うレッドオーシャンを避け、平和な青い色の海を悠然と航海するように事業を運営していく・・・。とても魅力的で直感的に分かりやすい考え方です。

しかし、魅力的なイメージとは裏腹に、具体的に何をやったらいいのか見えてこない・・・。そんな思いにとらわれている人も多いです。

「競争のない平和な世界で果たして、売上は上がるのか?」こんな素朴な疑問も湧いてきますが、明確に答えられる人はじつは多くはありません。
この記事を読めば、そんな素朴な問いに明確に答えられるばかりでなく、具体的な方法も見えてきます!

続きを読む

これで売上が決まる!効果的なペルソナの設定方法とは?

「新規事業を立ち上げたい」
「既存事業がこのままでよいか再考したい」

このようなケースに遭遇した時に、失敗する確率を限りなくゼロにできるような経営判断ができないか頭を悩ませる経営者の方は多いのではないでしょうか。

既存事業・新規事業ともに、内容を考える軸となるのは

  • 誰に
  • どのような手段で
  • どのような製品・サービスを通じて
  • どのような価値を提供するのか

という4つの軸です。

その中でも、最も重要なことは「誰に」という部分です。

この「誰に」が曖昧であったり、設定を間違えたりすると、

  • どのような手段で
  • どのような製品・サービスを通じて
  • どのような価値を提供するのか

の部分の精度が悪くなり、どのような素晴らしい人材に案件を任せても成功の確率は低くなります。

それでは、この「誰に」の部分をどのように考えたらよいのでしょうか。

今回は、「誰に」を精度高く設定するために必要な「ペルソナの設定方法」について、考えていきたいと思います。

続きを読む

今すぐ実践!4Pで自社製品のストーリーを組み立てよう!

4Pという言葉はマーケティングの教科書で必ず出てきます。

でも4Pとは何かと即答できる人はそう多くありません。もちろん辞書的に

  • 「製品」(Product)
  • 「価格」(Price)
  • 「流通」(Place)
  • 「プロモーション」(Promotion)

の頭文字で4Pだなというのはネットを検索すればすぐ分かるのですが、それぞれ実感としてそれぞれのつながりが腑に落ちていないので、しばらく経つと忘れてしまいます。

もっとも、テスト勉強ではないので、Pを4つスラスラ即答できてもあまり意味がないとも言えます。大切なのはそのつながりを意識して実践に役立つように理解しておくことです。

以下ストーリー性を意識しながら4Pの本質を理解しましょう。

続きを読む

成功する差別化戦略事例と失敗する差別化戦略事例の違い6選

「ライバルに差をつけて自社の製品の売上を拡大したい!」
「そのためにはいったい何をしたらいいんだろう・・・。」

こんな思いにとらわれているのはあなただけではありません。

他社との差別化というのはビジネスの世界ではどんな業界でもついてまわる難題です。

知名度や資本力のある大企業であっても例外ではなく、多くの企業が成功と失敗を繰り返しています。

そんな中から、誰もが知っている企業の成功例と失敗例を取り上げ、その本質をえぐってみました。

最後まで読めば、成功例に共通した本質、失敗例に共通した本質が見えてきますので、ぜひ自分の差別化戦略立案の参考にしてみましょう。

続きを読む

もう悩まない!「定款の事業目的」の書き方と注意点

会社を設立にする人の、悩み事の一つに「定款」をどのように書くかと言うものがあります。その定款の中でもどのように書くかと迷いやすい事項が「事業目的」です。

なぜかというと、定款は、会社の根本的な決まりを記載している書類であり、法務局に登記するものですが、その中で、「事業目的」は、自由度が高いからです。

だからといって、あまり検討せずに定款を作成してしまうと、後々、困ることも起きる可能性があります。

よって、「事業目的」の意味及び設定方法を、順を追って説明していきます。その中で、注意点をクリアしつつ、且つ「事業目的」を適切に設定できるようになりますので、参考にしてみてください。

続きを読む