初心者必見!キャッシュフロー計算書の見方4つのポイント

事業活動の結果は通常、1年間や四半期毎に決算書というかたちで関係者に開示します。その決算書類で最も知られているものが損益計算書と貸借対照表です。そして2000年には株式公開企業(上場企業など)に対して、「キャッシュフロー計算書」の作成が義務付けられ、「キャッシュフロー経営」という現実のキャッシュの流れに着目した経営強化の考え方が定着しました。

キャッシュフロー計算書は、損益計算書や貸借対照表では読み取れない企業の本当の実力を示してくれます。一見難しそうな書類のように思えますが、会計の知識がなくても見るべきポイントを絞ることで理解することができます。

そして、経営者、事業責任者、投資家、取引先といった立場の人にとって、企業の経営実態を知るのに有益な情報を提供してくれます。

以降、ポイントを絞って解説しますので、是非経営強化のために役立ててください。

続きを読む

今コレをやるべき!PEST分析でビジネス戦略を立てよう!

ビジネスの戦略を立てる上で重要なのは、常に自分の状況を客観的に把握することです。しかし、個人のブログのアマチュア評論家のようなかたちで政治、経済、社会、技術を語ってもビジネスの展開にはほとんど意味がありません。

大切なのはどうやって、マクロの要因を自分のビジネスに関連付けられるかです。

続きを読む

誰でも作れる!キャッシュフロー計算書の作り方と活用方法

事業活動の結果は通常、1年間や四半期毎に決算書というかたちで関係者に開示します。その決算書類で最も知られているものが損益計算書と貸借対照表です。

そして2000年には株式公開企業(上場企業など)に対して、「キャッシュフロー計算書」の作成が義務付けられ、「キャッシュフロー経営」という現実のキャッシュの流れに着目した経営強化の考え方が定着しました。

キャッシュフロー計算書は、公開企業だけではなく、多くの企業においても、財務体質を改善し収益性や財務の安定性を高め、「強い会社をつくる」ための有効な情報を提供してくれます。 その作成方法は、損益計算書に記載されている「税引前当期純利益」に特定の項目を加えたり、引いたりして求めていきます。

難しそうに思えますが、実はこの加減する「特定の項目は何か」、「足すのか、引くのか」を理解していれば誰でも簡単に作ることができます。 以降、ポイントを絞って解説しますので、是非経営強化のために役立ててください。

続きを読む

ファイブフォース分析でビジネスチャンスを手に入れよう!

就活生がやる業界研究とビジネスを切り開くための業界分析とはどこがちがうのでしょうか?

ずばりそれは、「社会に自分の居場所をみつけることと、市場に自分なりの視点を見つけることの違い」

だと言えます。

自分を社会に合わせるのではなく、社会の中にビジネスチャンスを見つけてそれを切り開くことがファイブフォース分析によって可能になります。

続きを読む

今すぐ解決! SWOT分析の落し穴はこうやって回避する!

SWOT分析では

  • 「強み」(Strength)
  • 「弱み」(Weakness)
  • 「機会(Opportunity)」
  • 「脅威(Threat)」

のシンプルな4つの要因を軸に、今後自分が取るべき戦略を探ることが可能になります。しかし、この有名なフレームワークにははまってしまいがちな落とし穴もあります。落とし穴にはまらないために、ポジショニングマップを併用する効果的な使い方を伝授します。

続きを読む

5分でわかる!損益計算書の見方と経営のチェックポイント

損益計算書の目的は事業年度(1年または四半期)の事業活動における利益額を算出することです。
「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」を表すもので、
儲ける力を読み取ることができます。

損益計算書は簿記のルールに基づいて作られますので、ある程度の専門的知識が必要になります。
ただし、その構造とポイントを理解することで誰でも簡単に活用することができます。

続きを読む

5つのステップで作成する損益計算書の書き方

損益計算書の目的は事業年度(1年または四半期)の事業活動における利益額を算出することです。
「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」を表すもので、
儲ける力を読み取ることができます。

損益計算書は簿記のルールに基づいて作られますので、ある程度の専門的知識が必要になります。
ただし、その構造と作成ステップを理解することで簡単につくることができます。

続きを読む

「定款変更が必要かも?」と思った時に押さえるべき点とは?

定款は、その会社の根本的なルールを規定しているものであり、会社を設立する時に、かならず作成するものです。しかし、その後、会社の成長や会社を取り巻く環境に変化によって、定款の内容も変更が必要になってくることあります。 では、「どんな場合に定款変更が必要なのか?」そして、「その手続きの方法」などをお伝えしていきます。

続きを読む

フレームワークの種類・目的・注意点まずはこれを押さえよう

世の中には様々なフレームワークがあります。経営学や経営管理工学などの理論を背景に持つものもあれば、普段何気なく使っているものまで、その数は膨大です。

ここでは、ビジネスの現場、個人の思考整理が必要な場面で直感的にすぐに使えるフレームワークを集めました。 注意点では、フレームワークを使うときに陥りがちな落とし穴や活用のヒントを説明していますので、ぜひ活用してみてください。

続きを読む

会社設立の流れと必要な10のアイテム

これから会社を設立(法人化)しようと考えている人の多くは、現在個人で事業をしている人だと思います。現在個人事業主の人が法人化しようと考えるきっかけで一番多いのが「節税のため」、次に多いのが「社会的信用を得るため」です。

一般的に法人化すると税率が低くなり、支払う税金が少なくなると言われています。しかし個人事業の場合は、売り上げが無いもしくは低い場合は税金を納める必要がありませんが、法人化すると赤字でも法人税を払う必要があります。そのため仕事の内容にもよりますが税金面を考えると年間1,000万円の売り上げ(課税所得400万円以上)があるならば法人化する方が良いと言われています。

法人化した方が良いと思っても踏み出せない個人事業主は多いです。その理由には手続きが煩雑であり面倒くさい、仕事が一人でできなくなるから自由が無くなるなどがあります。法人化すると経理面や法務面で様々な手続きが必要となり、一人ではできにくくなるのは事実です。そして誰かを雇うとさらに手続きが必要となります。

このような手続きの複雑さはどうしようもありません。しかし難しいと思っていても実は1ヶ月で書類を整えて法人化することが出来るのです。書類の書き方については書籍やインターネットで簡単に調べることが出来るので、簡単に作ることが出来ます。一部の書類は作成が難しいですが、それらについては現在法人化している多くの起業家がプロに頼んでいます。費用は掛かりますが、必要経費と割り切っているようです。

続きを読む