今すぐ決定!資金繰りに役立つソフト選びの秘訣と活用方法

経営者にとって資金繰りは利益を獲得するよりも重要なことです。なぜなら、赤字が続いても会社は続けることができますが、資金繰りが行き詰ると会社はつぶれてしまうからです。経営が悪化した企業で保有資金の額が報じられるのはこのためです。

仮に資金に余裕がある会社であっても、事業拡張のために設備投資や資金運用をしていますし、本業が好調であればあるほど運転資金が増えていきます。よって、ほとんどの会社では資金繰り表等により資金を管理する必要があります。

この資金繰り表はエクセルなどの表計算ソフトを利用しているところが多いですが、会計システムとの連携を考慮すると市販ソフトを利用することは有効です。近年、クラウド型の会計ソフトの利用が広まり、モジュールである資金繰りソフトの機能も充実してきました。

以降、最新の製品動向と共に資金繰りソフトの選定基準を解説していきます。

続きを読む

20年無借金経営の私が厳選!起業成功率を劇的に上げる本10選

ビジネス 本

現状に不満があり「起業をしたい」「独立をして自分の実力を試したい」と思ったことはありませんか?

でも実際に自分にできるのか不安で行動にできないと多くの方から毎日相談を受けます。

実は私はドバイに住んでいますが、現在も日本で数十社の会社を経営している現役の経営者です。
20年ほど会社経営をしていますが、数多くの問題を乗り越えながら、20年無借金経営という成功を手にしてきました。

そんな私がお勧めする起業成功率を劇的に上げる本を10冊ご紹介したいと思います。
起業に関わるマインドや経営者として人や心を動かす方法やマーケティング・営業方法など起業するにあたり必要な本をご紹介します。

会社経営をしたばかりで毎日不安だった自分に読ませたいと思える本を厳選しましたので是非ご覧ください。

続きを読む

知って得する!今すぐ申請できる雇用補助金・助成金最新情報

多くの経営者は「雇用にかかるコスト」に一度は頭を悩ませたことがあるのではないでしょうか。
今すぐ人材は必要だけど、雇用にかかるコストを考えて雇用を躊躇していては大事なビジネスチャンスを逃してしまいます。
この問題を解決するために「補助金・助成金」があるのをご存知の方も多いかと思いますが、実際に申請をしようと思う人が少ないのが現実です。

  • 手続きが面倒
  • 自分にはできない

などの理由から申請をしていない会社がほとんどだと思います。

しかし人材は会社の財産です。
補助金・助成金を活用すれば、会社を大きく成長させてくれる人材を安心して雇用することができます。
下記でご紹介する最新の補助金・助成金情報から条件にあった助成金・補助金を見つけましょう。

続きを読む

小さな組織こそ実践!7Sでまず強化すべきはソフトの4S!

経営資源の分析というと、自分には関係ないと思う人もいるかもしれませんが、それは大きな誤解です。

7Sはこれから起業して強い組織を作り上げていこうとする起業家がお手本として参考すべき、絶好のフレームワークです。教科書的に表面的に7Sを理解しても自分の会社の組織づくりにはなかなか活かせませんが、7Sでまず着手するところがどこかなのかを見抜けば、7Sの威力が実感できるでしょう。

ズバリ、大企業に負けない強い組織づくりの鍵は7Sの中のソフトの4Sにあるのです。

続きを読む

初心者必見!キャッシュフロー計算書の見方4つのポイント

事業活動の結果は通常、1年間や四半期毎に決算書というかたちで関係者に開示します。その決算書類で最も知られているものが損益計算書と貸借対照表です。そして2000年には株式公開企業(上場企業など)に対して、「キャッシュフロー計算書」の作成が義務付けられ、「キャッシュフロー経営」という現実のキャッシュの流れに着目した経営強化の考え方が定着しました。

キャッシュフロー計算書は、損益計算書や貸借対照表では読み取れない企業の本当の実力を示してくれます。一見難しそうな書類のように思えますが、会計の知識がなくても見るべきポイントを絞ることで理解することができます。

そして、経営者、事業責任者、投資家、取引先といった立場の人にとって、企業の経営実態を知るのに有益な情報を提供してくれます。

以降、ポイントを絞って解説しますので、是非経営強化のために役立ててください。

続きを読む

今コレをやるべき!PEST分析でビジネス戦略を立てよう!

ビジネスの戦略を立てる上で重要なのは、常に自分の状況を客観的に把握することです。しかし、個人のブログのアマチュア評論家のようなかたちで政治、経済、社会、技術を語ってもビジネスの展開にはほとんど意味がありません。

大切なのはどうやって、マクロの要因を自分のビジネスに関連付けられるかです。

続きを読む

誰でも作れる!キャッシュフロー計算書の作り方と活用方法

事業活動の結果は通常、1年間や四半期毎に決算書というかたちで関係者に開示します。その決算書類で最も知られているものが損益計算書と貸借対照表です。

そして2000年には株式公開企業(上場企業など)に対して、「キャッシュフロー計算書」の作成が義務付けられ、「キャッシュフロー経営」という現実のキャッシュの流れに着目した経営強化の考え方が定着しました。

キャッシュフロー計算書は、公開企業だけではなく、多くの企業においても、財務体質を改善し収益性や財務の安定性を高め、「強い会社をつくる」ための有効な情報を提供してくれます。 その作成方法は、損益計算書に記載されている「税引前当期純利益」に特定の項目を加えたり、引いたりして求めていきます。

難しそうに思えますが、実はこの加減する「特定の項目は何か」、「足すのか、引くのか」を理解していれば誰でも簡単に作ることができます。 以降、ポイントを絞って解説しますので、是非経営強化のために役立ててください。

続きを読む

ファイブフォース分析でビジネスチャンスを手に入れよう!

就活生がやる業界研究とビジネスを切り開くための業界分析とはどこがちがうのでしょうか?

ずばりそれは、「社会に自分の居場所をみつけることと、市場に自分なりの視点を見つけることの違い」

だと言えます。

自分を社会に合わせるのではなく、社会の中にビジネスチャンスを見つけてそれを切り開くことがファイブフォース分析によって可能になります。

続きを読む

今すぐ解決! SWOT分析の落し穴はこうやって回避する!

SWOT分析では

  • 「強み」(Strength)
  • 「弱み」(Weakness)
  • 「機会(Opportunity)」
  • 「脅威(Threat)」

のシンプルな4つの要因を軸に、今後自分が取るべき戦略を探ることが可能になります。しかし、この有名なフレームワークにははまってしまいがちな落とし穴もあります。落とし穴にはまらないために、ポジショニングマップを併用する効果的な使い方を伝授します。

続きを読む

5分でわかる!損益計算書の見方と経営のチェックポイント

損益計算書の目的は事業年度(1年または四半期)の事業活動における利益額を算出することです。
「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」を表すもので、
儲ける力を読み取ることができます。

損益計算書は簿記のルールに基づいて作られますので、ある程度の専門的知識が必要になります。
ただし、その構造とポイントを理解することで誰でも簡単に活用することができます。

続きを読む