こんな時代だからこそリアルで会う機会を大切にしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの環境が整い、誰もが携帯やパソコンを持っている時代ですよね。

しかもSNSなどのツールをフル活用すれば、すぐに誰かとつながることができ、また誰がどこで何をしているかも知ることができます。

あなたの手元にもたくさんのメールやLINEが届き、Facebookからも毎日友達申請がありませんか?

通勤の電車の中も、ランチを食べているときも、夜ふとんに入ってからも

「♪♪♪」

と携帯から音が鳴り続けているのではないでしょうか。

しかし一昔前の携帯もパソコンもなかった時代はどのようにして人と会っていたのでしょうか。

そうです。リアルに実際に会っていたのです。

こんな時代だからこそ、リアルの大切さをもう一度確認してみませんか?

リアルで実際に会うこととは?

リアルとは…

学校や会社など実際に毎日会う人がいます。

しかし少し遠くに住んでいる人やあまり親しくない人などはなかなか実際に会う場面がありません。

そういう人とリアルに会うためには何が必要でしょうか?

そうです。

「約束」をしなければいけません。

約束をするということは、

  • 前もって連絡をする
  • 何度かやり取りをする
  • 相手の状況を確認する

など多くの手間がかかります。

実際に会うには多くの手間が必要となるので、お互い労力を必要とします。

労力や時間がかかればかかるほど、会う事が楽しみになります。

その状態で会うので楽しい時間を過ごし、充実した会話をすることができるのではないでしょうか。

リアルじゃないと…

メールやLINEだと思いついた瞬間に連絡が取れます。

そしてリアルタイムで会話をすることができます。

電車の移動中でも布団の中でもその瞬間会話ができます。

だからこその気楽さもありますが、感動はないのではないでしょうか。

相手がどんな表情をしていてもわかりません。

そして終わりもないので、だらだらと会話が続き「何の話してたんだっけ?」と思うことも多いはずです。

ちょっとした連絡や思ったことを伝えたいときは便利ですが、時間を共有しているとう感覚はリアルに比べて薄くなります。

電話もリアルです

携帯電話を持っていますが、メールやインターネットがメインとなり会話をするという使い方が一番少ないのではないでしょうか。

電話は相手の都合がありますので、早朝や夜遅い時間などかけることができません。

また主婦の場合は朝や夕飯前など、サラリーマンなら平日など、電話しにくい時間があります。

でも何か本当にお願いをしたい場合や大切な話をしたい場合は、メールで時間をかけて文字を打つよりも、電話をかけてしまった方が早く終わり、きちんと伝わる場合が数多くあります。

クレームなどなるべく短時間で処理をしたい場合は、メールよりも電話が一番です。

直接声を聞けば、気持ちが伝わりやすいのです。

クレームだけでなく、

  • 見積りの金額交渉
  • 営業アポイント
  • ご挨拶

など直接電話をしたほうが、気持ちが伝わるので思った以上にいい方向に話が進むことがあります。

相手の都合を考えて「よし」と判断できるタイミングであれば、どんどん電話をしてみましょう。

実際に会うと…

約束をして、出掛ける準備をして、電車に乗り、そしてリアルに会う事となります。

時間も労力もかけているので、労力を無駄にしないように楽しもう!と前向きな気持ちで人は集まります。

だからこそ物事が前向きな方向でぶつかり合います。

もちろん思ったよりつまらない、なんてことも多々あるかと思います。

それでも何か手に入れられるものがあるはずです。

  • 人脈
  • 新しい知識
  • 出会い
  • 名刺
  • 情報
  • ビジネスアイデア
  • 面白い話

など大きい事から小さい事まで必ず何かを得て帰ることができます。

異業種交流会に参加すれば、

  • 全く違う業者から新しい柱となる事業のアイデアが得られるかもしれません
  • 協力会社が見つかるかもしれません
  • ジョイント先が見つかるかもしれません
  • 出資してくれる成功者と出会えるかもしれません

勉強会に参加すれば、

  • 同じ志を持った仲間と出会うことができるかもしれません
  • その仲間と一緒に成長する感動を得られるかもしれません
  • 最新のビジネス情報を共有できるかもしれません。
  • 世の中には出ていないビジネス書の情報を知ることができるかもしれません

そして合コンに参加すれば、一生に一度の相手と出会えるかもしれません。

リアルの場は実際に人と人が会いますのでエネルギーが直接ぶつかり合います。

コミュニケーションが上手に取れる人もいれば、苦手な人もいますが、その人なりのペースでコミュニケーションを取れば、いい時間を過ごすことができるはずです。

頑張りすぎて空気が読めなくなってはいけませんが、最高に楽しく過ごしたい!という気持ちが伝われば、嫌な気分はしないはずです。

「人見知りだから…」
「苦手だから…」

と思わずに、実際に足を運んでみてください。

実際に行ったら意外と楽しめるかもしれませんし、自分がどんな行動をするのか試してみるのもいいかもしれません。

まとめ

苦手意識や先入観は持たず一度交流会や勉強会に参加してみてください。

慣れるまでは苦労するかもしれませんが、ネットで何回をやり取りをしているよりも1回実際に会った方が関係性は強くなります。

実際に会い、声を聞き、握手などすれば不思議と一気に親しみがわきます。

だからこそ「会いに行けるアイドル」が流行しているのかもしれませんん。

ネットでしかやり取りしない、というのはやっぱり寂しいものです。

どんどんリアルの場に顔を出し、どんどん深い関係性を築き、自分の人生やビジネスの幅を広げてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*