8つのステップでWEBヘッダー画像を外注する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は、簡単にホームページのヘッダー画像をプロのデザイナーに外注する方法をお伝えします。

春先や年末になると、自社のホームページや販売ページなどをリニューアルすることが増えます。

ただ、、、

  • 新しいヘッダー画像のデザインを考えれない・・・
  • 自社にはWEBの編集ができる人がいない・・・
  • リニューアルしたいけど経費がかかる・・・

こんな問題に直面してなかなかデザインを変えていない方や検討段階の状態でそのまま。

という方も多いかと思います。

自社にWEB編集をする人がいなかったり画像のデザインをする方。

WEBの画像作成をしてもらえるスタッフさんに低単価で制作依頼してみませんか?

 

ヘッダー画像の制作費用について

WEBのヘッダー画像を外注化すると、一般的な相場は、5000円から1万円です。

毎年、画像デザインを変えていくなら、経費は安いほうがいいですよね。

そこで、クラウドワークスを活用すれば1500円でオリジナルヘッダー画像を制作できます。

相場の20%~30%くらいの値段で注文することができます。

こちらのヘッダー画像も1500円で作成しております。

ヘッダー画像の作成時にキャッチコピーやターゲット層など細かい指示をすることでWEBに適した画像を作成していただけます。

WEBサイトのABテストに最適

1500円でヘッダー画像を制作可能なためランディングページのヘッダー画像をABテストするときにも役立ちます。

一度、広告を回して運用を行い改善したいポイントをまとめてヘッダー画像を制作すれば、反応率の高いヘッダー画像が制作可能です。

1500円の経費で繰り返しテストできるため経費も低く抑えることが可能です。

小さい予算で素早くテストを繰り返し効果的な広告運用を心がけてください。

ヘッダー画像ひとつでランディングページの反応が2倍3倍に変わることが多いです。

8つのステップでヘッダー画像を依頼する

さっそくですが、クラウドワークスでヘッダー画像の依頼をしましょう。

初めて外注をするかたでも、ステップ通りに実践すれば募集できます。


ステップ1:クラウドワークスにログインする。

※会員登録はメールアドレスを入力するだけでできます。

ステップ2:クライアント(発注者)メニューに切り替える

ステップ3:『新しい仕事を依頼』をクリックする

ステップ4:『デザイン』選択⇒『バナー作成』選択

ステップ5:『プロジェクト形式』を選択する

※コンペ方式ではなく、プロジェクト形式を選択しましょう。プロジェクト形式は、一人のスタッフ様をえらんで制作を依頼する方法です。

ステップ6:仕事の内容を入力する

●仕事タイトル: 例 急募!【1500円】WEBヘッダー画像制作のご依頼!

●目的・概要: 

例:

下記のサイトに適したヘッダー画像制作を
して頂ける方を募集しております。

⇒ ※あなたのURLを添付

●依頼詳細: 

例:

■サイトテーマ

【あなたのWEBテーマを記入してください】

■ターゲットユーザー

【あなたのサイトのターゲット 年齢・性別等を記入しましょう。】

■求めている画像のイメージ

【あなたの作成してほしい画像イメージを記入しましょう。】

■画像に入れてほしい文章

【ヘッダー画像の中のキャッチコピーを記載しましょう。】

■作業内容

ヘッダー画像 1枚制作

■報酬単価

1画像 1500円 

 

■詳細設定

■希望イメージ: あなたのWEBに適したイメージを選択しましょう

■バナーサイズ:あなたのWEBに必要なサイズを選択しましょう

 

■希望する色:あなたのイメージする配色を選びましょう

■納品ファイル :JPEG イラストレーターまたはフォトショップ形式

 

■重要視する点・経験: 

例 納期を守れる方・コミュニケーションがとれる方

■注意点・禁止事項 

例 他で登録されているデザインや商標の転用、著作権侵害をしないこと
  ほかのクライアント様へ提案したデザインを納品すること

■その他のコメント:ご自由にお書きください

■・応募者への質問:イラストレーターまたはフォトショップの経験日数
          過去のヘッダー画像制作の経験を教えてください。

■求めるスキル: イラストレーターまたはフォトショップ

●添付ファイル・特記事項・会社名もなくてもよい。

 

ステップ7:予算と支払い方法を決める

■応募期限:7日以内を目安に設定しましょう。

■支払い方式:固定報酬制

■希望する契約人数:1人を選択

■予算 5000円未満を選択

■納品希望日:1週間~2週間目安に設定する

ステップ7:オプション追加をせずに、確認画面に進みましょう。

ステップ8:内容を確認して依頼をします。

上記の8つのステップでヘッダー画像の制作を外注化することができます。

ランディングページだけではなく、オフィシャルサイトやブランディング用のFacebookバナー画像、PPC広告のディスプレイ広告画像も制作可能ですので活用しましょう。

外注の管理は、在宅秘書にまかせる

外注を活用する回数が増えると管理することが重要になります。

ただ、すべて自分で管理する必要はありません。

こちらの記事にてご紹介しました在宅秘書を活用しましょう。

⇒ 「知ってお得!自由な時間を2倍にさせる外注ノウハウ術

従業員に管理業務を任せるよりも在宅秘書を活用することで、自社のリソースを使用せずに外注を管理運用できます。

スタートアップの企業様に適したやり方です。

外注スタッフ様から最終的に納品された成果物のみ、あなたがチェックするように心がけてください。

キャッチコピーを10秒で自動制作する方法

 

さきほど、ヘッダー画像の制作依頼の際にキャッチコピーを記入する欄がありました。

ですが、キャッチコピーをいきなり考えるのは非常に難しいはずです。

そこでキャッチコピーを簡単に制作できるサイトをご紹介いたします。

『コピーメカ』

⇒ http://www.copymecha.com/

このサイトを活用して、キャッチコピーのたたき台を作りましょう。

または、外注スタッフ様に上記のサイトを教えて制作してもらうこともありです。

4つのステップで『コピーメカ』を使いこなす方法


ステップ1:あなたが扱っている商品名又はサービス名を入れる 

ステップ2:消費者にしてほしい行動を選択する

ステップ3:あなたの商品名・サービス名に固有名詞がれば記入する。

ステップ4:キャッチコピー案を作成する

上記の4つのステップを実践するだけで斬新なキャッチコピーを制作できます。

キャッチコピーの制作は、繰り返し行うことができますので自分がピンときたキャッチコピーが出てこなければステップ1~4までもう一度やってみてください。

また、ABテストと相性がいいのでぜひ活用してみてください。

まとめ

クラウドワークスを活用することで少額の予算でもハイクオリティーな制作物を納品していただけます。

スタートアップ時は、経費をなるべく抑えたいもの。

自社に足りないリソースを上手く外注化をしてビジネスの拡大をしていきましょう。

毎日の仕事のなかで、自分でしなくてもいい作業を一度リストアップして外注できるようにしてみましょう。

余計な時間を作業に費やすことが減り、集中したい業務のみに時間を使うことができます。

マーケテイングや社内の仕組みづくりに専念することが重要なポイントです。

積極的に依頼をして、会社の業務を簡素化しコントロールしやすい会社や事業運用をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。