金なし!コネなし!経験なし!誰でもできる法人口座の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
houjinkouza

法人口座なんてすぐにできるから後回しでいいや…と思っている方はいませんか?

謄本、印鑑証明を持っていけば誰でも簡単に法人口座が作ることができた時代はすでに終わっています。

起業後すぐに取引が発生した場合や決済をするときに、まず必要になるのが法人口座です。

  • 簡単に作ることができない法人口座の理由
  • どこの銀行に申請をしたらいいのか
  • どのくらい時間がかかるのか
  • 何を用意すればいいのか

などを調べて準備することで、誰でも簡単に法人口座を作ることができます。

起業後すぐに使用できる法人口座を開設しよう

法人口座が簡単に作れない理由

少し前までは簡単に作れたイメージのあった法人口座ですが、現在は審査が厳しくなっている銀行が多くなっているようです。

振り込め詐欺等の犯罪に銀行口座が悪用されていることなどが原因だと思われます。

銀行側もそのような事態にならないようにより慎重に審査をせざるを得ない状況です。

現在は法人口座開設の審査基準を明確にしている銀行はありませんが、口座開設を断られる大きな原因として下記が考えられます。

開設を断られる主な原因:登記住所がバーチャルオフィス

銀行によっては本店所在地がバーチャルオフィスだと審査が厳しいようです。

現在は住所を検索すればすぐにバーチャルオフィスか確認できます。

事務所の実態が不明という印象を与えてしまいます。

開設を断られる主な原因:資本金が少なすぎる

1円から会社が設立できるようになりましたが、やはり資本金が少なすぎる会社は審査が通らない確率が増すようです。

事業を円滑に動かすためにも必要最低限の資本金を用意しましょう。

開設を断られる主な原因:事業の目的が不明慮

定款に記載されている事業目的が不明慮(目的が多く過ぎる等)ですと、事業の実態を証明できる資料が必要になる場合があります。

「一体何の事業を何のためにしているのか?」という印象を与えてしまいます。

どこの銀行で口座開設をするか決めよう

では起業したばかりの法人はどこで銀行口座を作ればいいのでしょうか。

まずは自分の法人口座をどこの銀行でどのように作るか決めましょう。

都市銀行・地銀・ネット銀行の特徴

都市銀行

銀行としての規模が大きく、融資の額も大きく借入ができます。

また全国に窓口やATMがあるので便利です。

しかし、中小企業では審査が難しい銀行もあり、口座開設が難しい場合もあります。

地銀

銀行としての規模は小さいですが、地域に密着していて、利用者に親身になったサービスをしてくれる銀行が多いです。

中小企業との取引が多く、サービスエリアは限定されています。

ネット銀行

実店舗がなく、インターネット上での取引が中心となります。

店舗がないので手数料等が安くなっています。しかし全てパスワード管理となるので、パスワード管理のセキュリティ対策が必要です。

ジャパンネット銀行はキャッシュカードに年会費無料でVISAデビットカードがつきますので便利に利用できますのでお勧めです。

当座預金と普通預金特徴

当座預金とは、

  • 小切手決済ができる。
  • 当座貸越といって限度額までの自動融資契約がある。
  • 通帳の発行はなく、勘定照合表で確認。

等の特徴があります。

しかし、現在ではインターネットバンキング等があるので、小切手での支払いをしている会社は少なくなっています。

普通預金とは、

  • 利息がつく
  • 通帳が発行される
  • 窓口、カードで現金を引き出せる

等の特徴がありますが、通常私たちが使用している個人口座と変わらない内容で使用ができます。

法人の取引でも普通預金で十分対応ができます。

普通預金口座を地銀とネット銀行で申し込もう

口座種類

当座預金の開設は厳しく、実績のない会社では新規でほぼ作る事はできません。

まず普通口座で法人口座を開設し、小切手決済が必要になったら当座口座を申請しましょう。

銀行種類

都市銀行、地銀、ネット銀行を並行して申し込み作業をしてもいいかと思いますが、都市銀行は開設NGの可能性が大きいと思われますので

  • 地銀
  • ネット銀行

上記2種類の銀行でまずは申請手続きを進めましょう。

各銀行の法人口座開設情報(普通預金口座)

では実際に各銀行の情報を見てみましょう。

※実際に訪問する銀行支店が決定したら、支店に電話をして法人口座開設に必要な書類を確認しましょう。

(支店ごとに持参物、確認事項が違う場合がございます。)

都市銀行

みずほ銀行

必要書類
  1. 謄本(6カ月以内発行)
  2. 来店者身分証明書(代表以外が来店する場合は社員証又は委任状(形式は任意)持参)
  3. スタッフ全員の本人確認書類(免許証など)写し
  4. 会社案内、会社パンフレット
  5. 事業計画書
  6. 設立後6カ月以内の場合は
    • 税務署提出の設立届(写し)
    • 定款(写し)
期間
申し込みから2~3週間後、審査の結果が連絡されます。
開設手続
  • 銀行届出印
  • キャッシュカード発行手数料(1,080円)
  • 口座入金分の現金
URL
http://www.mizuhobank.co.jp/index.html

三菱東京UFJ銀行

必要書類
  1. 銀行届出印
  2. 謄本(6カ月以内発行)
  3. 印鑑証明書(6カ月以内発行)
  4. 社版(ゴム印)※書類は手書きでも可
  5. 来店者本人確認書類(免許証・パスポート等)(代表者以外が来店する場合は上記+社員証・社名入り保険証・在籍証明書等いずれか持参
  6. 定款・会社案内等(写し)
  7. 株主がいる場合は株主の名前・住所・生年月日一覧
期間

窓口対応後提示となるため不明です。

  • 窓口で事業内容
  • スタッフ数
  • 資本金
  • 主たる事務所の形態
  • 取引と目的
  • 株主の有無等

のヒアリングがあり、その上で追加の書類等が発生することもあるそうです。

開設手続
窓口対応にて説明となるため不明です。
URL
http://www.bk.mufg.jp/

三井住友銀行

必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明(6カ月以内)
  3. 来店者本人確認書類(免許証など)(代表者以外の場合は+社員証又は委任状)
  4. 委任状には「法人普通口座開設のすべてを委任する」という文言と会社名・代表者名・住所・実印が必要注意:相談から3~4回窓口を訪問することになりますが、途中で違う担当者への変更等はできないそうです。(初回の委任状持参者のみ対応可)
期間
支店窓口相談後、1~2週間で電話連絡※審査の結果だけではなく、追加で必要な書類がある場合も電話連絡となります。
開設手続
開設決定後の流れについては、審査結果時に改めて説明。
URL
http://www.smbc.co.jp/index.html

りそな銀行

必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類(代表者以外の場合は代表者の身分証明書の写しを持参)
  3. 会社案内・会社サイトをプリントアウト
期間
上記資料を持参して1回目の訪問・相談後、1週間から10日で結果を電話連絡となります。
開設手続
銀行届出印等を持参する。
URL
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/

埼玉 りそな銀行

必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類(代表者以外の場合は代表者の身分証明書の写しを持参)
期間
上記資料持参時は受付のみとなり、早くて5日程度で審査について電話連絡が入ります。
開設手続
銀行届出印等を持参する。
URL
http://www.resona-gr.co.jp/saitamaresona/

地方銀行

※本店登記場所と一番近い支店を探しましょう。

※実際に訪問する銀行支店が決定したら、支店に電話をして法人口座開設に必要な書類を確認しましょう。(支店ごとに持参物、確認事項が違う場合がございます。)

※下記地銀情報はエリアごとの代表的な銀行を取り上げております。

北海道エリア

北海道銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類(免許証など)(謄本記載者以外の来店の場合は社員証又は社名入り保険証持参)
  3. 銀行届出印
  4. 口座入金分現金
期間
普通預金の場合、審査はなく基本開設できる。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.hokkaidobank.co.jp/

東北エリア

七十七銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 銀行届出印
  3. 来店者身分証明証
  4. 実質的支配者がいる場合は、氏名・住所・生年月日情報※株式25%を超え議決権を保有している者がいる場合
期間
普通預金の場合、審査はなく基本開設できる。
開設手続
  • 仙台駅前支店は個人に特化した支店のため、法人口座作成の受付は不可
  • キャッシュカード申し込みの場合は後日郵送
URL
http://www.77bank.co.jp/
東邦銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 来店者身分証明書
期間
申込より1週間くらいで審査結果の連絡となります。
開設手続
改めて銀行より持参物の案内があります。
URL
http://www.tohobank.co.jp/

関東エリア

東京都民銀行
必要書類
  1. 謄本6カ月以内
  2. 来店者身分証明書
  3. 会社サイトプリントアウト又は会社案内
期間
上記持参後、審査期間として2~3週間。審査については電話連絡。
開設手続
銀行届出印等持参して手続となります。
URL
http://www.tominbank.co.jp/
東京スター銀行
必要書類
  1.  https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/important20130628.html
    上記より資料を請求する。
  2. 商業登記簿謄本(現在事項全部証明書、もしくは履歴事項全部証明書の原本も可)
  3. 印鑑証明書
  4. 国税または地方税の領収書(主たる事務所の所在地記載のもの)設立後6カ月以内のお客さまの場合は、法人設立届出書(税務署受付印のあるもの)給与支払事務所等の開設届出書(税務署受付印のあるもの)等
  5. 事業の実態が確認可能なもの(会社案内、パンフレット、見積書等)
  6. 事業実施に許認可、登録または届出が必要な業種の場合、それを証明する書類
  7. 主たる事業所に係る建物登記簿、賃貸借契約書
  8. 来店者さま確認公的資料 例)運転免許証、パスポート、印鑑証明書、住民票の写し等
  9. 来店者さまと法人との関係が確認できる資料 例)社員証、在籍証明書等
期間
上記書類が銀行到着後、2週間程度審査期間が必要です。
開設手続
キャッシュカード等が登録の住所に発送されます。
URL
https://www.tokyostarbank.co.jp/index.html
横浜銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 来店者本人確認書類(代表者以外の場合は代表者の身分証明書の写しを持参)
  4. 銀行届出印
期間
上記持参時にヒアリング(10分程度)があり、その場で審査の結果が出ます。
開設手続
その場で口座開設手続きとなります。
URL
http://www.boy.co.jp/
千葉銀行
必要書類
  1. 謄本3カ月以内
  2. 印鑑証明書3カ月以内
  3. 来店者身分証明書
期間
上記書類持参のうえ、「新規受付票」を提出し、3~4日間審査期間となる。
開設手続
銀行届出印等持参して手続となります。
URL
http://www.chibabank.co.jp/

北陸甲信越エリア

八十二銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明(6か月以内)
  3. 来店者本人確認書類
  4. 会社案内、パンフレット等
期間
上記持参来店時に申込書を記入。審査は2~3日かかる予定です。
開設手続
審査後改めて案内となります。
URL
https://www.82bank.co.jp/
北陸銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類(代表者の名前が謄本に記載がない場合は代表者の身分証明書の写しを持参)
  3. 銀行届出印
期間
上記書類持参後、その場で審査となります。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.hokugin.co.jp/
山梨中央銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類
期間
上記書類持参時に、事業内容や目的をヒアリング。その後事業所訪問などの確認作業に1週間程度かかる予定。
開設手続
後日手続
URL
http://www.yamanashibank.co.jp/

東海エリア

静岡銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 来店者本人確認書類(代表者以外の場合は代表者の身分証明書の写しを持参)
  3. 銀行届出印
  4. ゴム版
  5. 口座預入現金
期間
上記書類持参時に、理由等のヒアリングがあり開設手続きとなります。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.shizuokabank.co.jp/
三重銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 来店者身分証明書(代表者以外の場合は身分証明書+社員証又は保険証又は会社に電話して在籍確認)
  3. 銀行届出印
  4. 初回入金現金 101円以上
期間
上記書類持参時に、理由等のヒアリングがあり開設手続きとなります。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.miebank.co.jp/index.shtml

近畿エリア

京都銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 来店者本人確認書類
  4. 来店者と法人との関係がわかるもの(社員証、委任状等)
期間
上記持参後、審査となり2~3週間程度で郵便にて通知が届く。
開設手続
通知書内に開設時に必要な持参物の案内が記載されている。
URL
http://www.kyotobank.co.jp/ 
池田泉州銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 来店者身分証明書
期間
上記持参来店後、1週間以内で審査について連絡。
開設手続
審査後、別途ご案内となります。
URL
http://www.sihd-bk.jp/
南都銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 来店者身分証明書 代表者⇒身分証明書+名刺 代表者以外⇒身分証明書+社員証又は保険証等
  4. 会社案内、会社サイト
  5. (あれば)許認可証
期間
上記持参来店後、1週間前後で審査について連絡。※審査期間中追加書類の依頼連絡あるかも。OKの場合は郵便で案内が届く。
開設手続
審査後、別途ご案内となります。
URL
http://www.nantobank.co.jp/
滋賀銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 銀行届出印
  4. 来店者本人確認書類(代表者以外の場合は本人確認書類+保険証など)
期間
上記持参後、審査となり当日~2日間程度で連絡があります。
開設手続
当日審査が完了した場合はそのまま開設手続きとなります。
URL
http://www.shigagin.com/

中国四国エリア

広島銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 銀行届出印
  3. 来店者身分証明書
期間
普通預金の場合は通常審査期間なしで開設可能※窓口にてヒアリングがあるかもしれません。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.hirogin.co.jp/
中国銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 印鑑証明書(6カ月以内)
  3. 銀行届出印
  4. 来店者確認書類(代表者以外の場合は保険証等)
  5. 預入分現金
期間
普通預金の場合は通常審査期間なしで開設可能です。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.chugin.co.jp/#1_tab

九州・沖縄エリア

福岡銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 銀行届出印
  3. 来店者確認書類(代表者以外の場合は本人確認書類+代表者確認書類(写)+社員証)
  4. 預入分現金
期間
当座の場合は審査がありますが、普通預金の場合は通常審査期間なしで開設予定。※会社に確認の連絡を入れることがあるかもしれないそうです。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.fukuokabank.co.jp/
西日本シティ銀行
必要書類
  1. 謄本(6カ月以内)
  2. 来店者確認書類
  3. 銀行届出印
  4. キャッシュカード作成の場合は
    • 代表者が来店の場合は、会社法人印と代表者個人印持参。
    • 代表者以外が来店の場合は申し込み用紙を持ち帰り、再度提出。
期間
普通預金の場合は通常審査期間なしで開設可能。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.ncbank.co.jp/index.html
肥後銀行
必要書類
  1. 謄本(3カ月以内)
  2. 銀行届出印
  3. 来店者身分証明書
期間
普通預金の場合は通常審査期間なしで開設可能です。
開設手続
開設の場合は当日手続となります。
URL
http://www.higobank.co.jp/

ネット銀行

楽天銀行

必要書類
  1. 【法人確認】謄本(6か月以内)
  2. 【連絡先確認】※登記上の住所と連絡先住所が異なる場合下記いずれか1点(6カ月以内)
    • 公共料金領収書(電気、ガス、水道、電話)
    • 国税、地方税などの納税証明書
    • 社会保険料の領収書
  3. 【口座管理者様本人確認】下記いずれか1点 6カ月以内または有効期限内
流れ
  1. サイトより法人ビジネス口座開設申し込み情報を入力
  2. 申込書を印刷
    • 自身で印刷する場合:申込書をPDFにてダウンロード
    • 楽天銀行で印刷する場合:「郵送をご希望」のリンクから郵送を申込
  3. 申込書に捺印し、必要書類を同封して郵送(審査期間:約2週間)
  4. 審査終了後 開設可能の場合 下記書類が届きます。
    • 簡易書留(転送不要):ThankYouレター(ご連絡先住所宛)
    • 簡易書留(転送不要):ご担当者様確認レター(口座管理担当者さまご自宅住所宛)
    • メール配信:上記レター発送のご案内、ログインパスワード設定のご依頼の内容
    • ご利用いただくには、「ThankYouレター」の内容に従って、お客さまの法人ビジネス口座の設定をしていただく必要あり
    • 「ThankYouレター」の内容に従い、お客さまの法人ビジネス口座の初期設定をします。※設定時間はおおよそ10分程度
URL
http://www.rakuten-bank.co.jp/business/account/

ジャパンネット銀行

必要書類
  1. 【法人確認】
    • 謄本3カ月以内
    • 印鑑証明書3カ月以内
  2. 【取引担当者確認】下記いずれか
    • 運転免許証(写)
    • パスポート(写)
    • 各種健康保険証(写)
    • 住民基本台帳(写)
    • 住民票3カ月以内(原本)
    • 印鑑証明書3カ月以内(原本)
    • 各種年金手帳(写)+補助資料(原本)
    • 各種福祉手帳(写)+補助資料(原本)
  3. (補助資料)発行日、領収日より3カ月以内
    • 国税または地方税領収書または納税証明書
    • 社会保険料領収書
    • 公共料金領収書
  4. 法人の登記簿謄本記載の住所と現住所が異なる場合
    • 法人の「法人名」「法人の現住所」「領収日付(口座振替可)」のすべてが確認できる以下の資料の原本またはコピー1点をご同封
    • 国税または地方税の領収証または納税証明書
    • 社会保険料の領収証
    • 公共料金の領収証電気、ガス 、水道、電話(携帯電話・スマートフォンは不可)NHK料金の領収証
    • 取引ご担当者様の本人確認資料記載の住所と現住所が異なる場合
    • 各種年金手帳のコピー・各種福祉手帳のコピーをご使用の場合には、こちらのお手続き不可
    • 取引ご担当者様の「氏名」「現住所」「領収日付(口座振替可)」のすべてが確認できる以下の資料の原本またはコピー1点をご同封
    • 国税または地方税の領収証または納税証明書
    • 社会保険料の領収証
    • 公共料金の領収証 電気、ガス 、水道、電話(携帯電話・スマートフォンは不可)NHK料金の領収証
  5. 取引ご担当者様の本人確認資料記載の住所と現住所が異なる場合
    • 各種年金手帳のコピー・各種福祉手帳のコピーをご使用の場合には、こちらのお手続きは不可
    • 取引ご担当者様の「氏名」「現住所」「領収日付(口座振替可)」のすべてが確認できる以下の資料の原本またはコピー1点をご同封
    • 国税または地方税の領収証または納税証明書
    • 社会保険料の領収証
    • 公共料金の領収証
    • 電気、ガス 、水道、電話(携帯電話・スマートフォンは不可)、NHK料金の領収証
  6. 【業務内容確認】
    • 具体的な業務内容が確認できるサイトをお持ちで、設立後半年超経過 口座開設フォームでサイトURLを入力
    • 具体的な業務内容が確認できるサイトをお持ちで、設立後半年以内 口座開設フォームでサイトURLを入力下記書類のうちいずれか1点同封
    • 法人設立届出書(控)
    • 青色申告承認申請書(控)税務署受付印があるもの
    • 確定申告書(控)直近の税務署受付印のあるもの
    • 国税または地方税の領収書または納税証明書 発行日または領収日より3カ月以内
    • 主たる事務所の建物登記簿謄本 発行日より3カ月以内原本
    • 主たる事務所の建物賃貸借契約書 直近契約済
  7. 具体的な業務内容が確認できるサイトがない場合⇒上記書類と下記書類それぞれ1点を同封
    • 各行政機関発行の許認可証
    • 会社案内、パンフレット、チラシなど
流れ
  1. 申し込みフォームより入力
  2. 申込書、必要書類同封の上郵送
  3. 審査 2~3週間
  4. キャッシュカード到着
  5. トークン利用登録
URL
http://www.japannetbank.co.jp/business/confirm/index.html

銀行訪問時注意点

きちんとした服装で

実際の銀行訪問時にきちんと書類を用意しても、Tシャツ・Gパンで訪問するのと、スーツスタイルで訪問するのとどちらの印象がいいでしょうか。

口座開設も大事なビジネスの一環です。失礼のない服装で訪問をしましょう。また必ずネクタイを着用して訪問をしてください。

名刺を忘れないで

起業時のばたばた時期に銀行訪問が重なると、ついつい名刺作成が後回しになってしまいます。

会社の名刺は会社の顔でありますので必ず持参してください。

また電話番号は携帯ではなく固定電話で名刺を作成してください。

自社の業務内容はきちんと説明しよう

起業後でまだ実際の業務内容がない場合でも、

  • 「こんな事業をするために起業をしました」
  • 「こんなサービスをお客様にお届けしたいと思っています」

等、自社の事業についてわかりやすく伝えられるようにしましょう。

まとめ:今すぐコツをつかんで法人口座の開設を申請しよう

法人口座を開設する銀行は見つかりましたか?

各銀行とも審査基準が明確にされていませんので、実際は申請してみないとわかりません。

でも法人口座はとにかく早急に必要です。

実際に起業後の運営に影響が出ないように、できるだけ早く法人口座開設をして、万全の態勢で事業を運営しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*