インプットだけはNG!アウトプットの重要性と具体的な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
inouttop

どれだけ勉強しても頭に入ってこない、身にもつかないと悩んでいませんか?

「年齢のせいなのかな。」「疲れているのかな。」と思いながらも、何もできないで時間だけが過ぎていませんか?

せっかく時間をかけて勉強をしても、行動につながらなければ意味がありません。

行動ができないのは学んだ内容を理解していないからです。

暗記をしてもノートにまとめても理解していなければ行動につながりません。

行動をするためにはインプットした内容をアウトプットすることが効果的と言われています。

どうすればインプットした学んだ内容をアウトプットすることで、行動することにつながるのでしょうか。

インプットとアウトプットとは?

インプットとは

インプットとは「入力」のことです。

  • 書籍
  • 研修
  • ビジネス
  • 友人との会話
  • セミナー
  • 飲み会
  • 新聞、雑誌

などいろいろな環境から知識や情報を得ることです。

アウトプットとは

アウトプットは「出力」のことです。

  • 社内勉強会を開催する
  • ブログで公開する
  • YouTubeで公開する
  • ニュースレターに記事を載せる

などインプットした知識や情報で自ら行動をしたり、人に教えたりすることです。

アウトプットの重要性とは

たくさんの知識や情報を得ても、行動をして効果が出なければ意味がありません。

インプットした情報を自分の身につけるために一番効果的な方法が、素早くアウトプットすることです。

情報が整理できる

アウトプットすることにより、インプットした情報を自分の中で整理をしなくては人に伝えることはできません。

整理することにより必要な情報と不要な情報を振り分け、その情報が何に必要な物なのかを整理することが出来ます。

ごちゃごちゃした情報の中から必要な情報を取り出すより、整理された情報から必要な情報を取り出すことができれば、情報を探す時間や手間が省けます。

整理しておけば情報を組み合わせて使用して新たな気づきとなることもあります。

また情報をそぎ落としスリムにすることで、新たなインプットのスペースが生まれます。

理解が深まる

アウトプットすることにより、より理解度が深まります。

人にわかりやすく簡単に伝えようとするためには、内容を理解していなければ伝えることはできません。

文章をそのまま読んでいては相手に何も伝わりません。理解したうえで自分の言葉で伝えなければ誰にも何も伝わりません。

教わったことは人に教えると一番理解が深まります。

アウトプットの具体的な4つの方法

シェアをしよう

得た情報はすぐにシェアをしてみましょう。

現在はセミナーの最中にシェアタイムを設けているセミナーも多くあります。

得た情報をすぐにシェアすることにより、自分の考えを伝えるだけでなく、人が得た情報を知ることができます。

同じ話を聞いていても、全く違う受け取り方をしている事が多くあり、2倍・3倍の知識を得られることができます。

シェアタイムがない場合は

  • 休憩時間に隣の人と名刺交換をしながら得た情報について話をしてみる
  • パートナーや幹部に電話やメールで情報を伝えてみる
  • ブログやニュースレターの記事をすぐに作る

など自分なりのシェアタイムを作ってみましょう。

社内勉強会で講師をしよう

社内勉強会で講師として得た情報を説明してみましょう。

決まった時間で得た情報を伝えるということはとても難しいことです。また講師として時間をもらうという責任も生じます。

その決まった時間は自分が先生となり、参加者に理解をしてもらいながら会社のための行動につながる情報を提供しないといけません。

YouTubeに投稿しよう

動画を撮影してYouTubeに投稿しましょう。

撮影は家庭用のカメラや携帯電話でもきれいな動画が撮影できます。

またYouTubeのアカウントは無料で取得できます。

YouTubeアカウント取得方法

  1. youtube.com に移動します。
  2. 右上の [ログイン] をクリックします。
  3. [アカウントを作成] をクリックします。

引用元 https://support.google.com/youtube/answer/161805?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

YouTubeアップロード方法

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. ページ上部の [アップロード] をクリックします。
  3. 動画のアップロードを開始する前に、動画のプライバシー設定を選択することができます。
  4. ご使用のパソコンからアップロードする動画を選択します。動画のスライドショーを作成したり、Google フォトから動画をインポートしたりすることもできます。
  5. 動画のアップロード中に、動画の基本情報と詳細設定の編集や、チャンネル登録者に通知するかどうかの指定もできます(このオプションをオフにすると、チャンネル登録者には通知されません)。また、収益受け取りの設定も調整できます。
  6. 公開動画の場合は [公開] をクリックしてアップロードを完了します。動画のプライバシー設定を非公開または限定公開にした場合は、[完了] をクリックしてアップロードを終了するか、[共有] をクリックして動画を限定的に共有します。
  7. [公開] を選択しない限り、動画は他の人に対して表示されません。また、後から [動画の管理] でいつでも動画を公開することもできます。

引用元 https://support.google.com/youtube/answer/57407?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

非公開動画

非公開動画は、自分自身と、自分で選んだユーザーだけが視聴できます。動画はチャンネルや検索結果に表示されず、他のユーザーから見られることはありません。非公開動画を共有するユーザーは次の手順で管理できます。

非公開の動画にはコメントを入力できません。一般公開しない動画でコメントを入力できるようにしたい場合は、動画を非公開ではなく限定公開に設定してください。

  1. [プライバシー設定] プルダウン メニューの下の [共有] をクリックします。
  2. 動画を共有するユーザーのメールアドレスを入力します。

限定公開動画

  1. [動画の管理] にアクセスします。
  2. プライバシー設定を変更する動画を探して、[編集] をクリックします。
  3. [プライバシー設定] プルダウン メニューで次のいずれかの設定を選択します。
    一般公開・限定公・非公開
  4. [変更を保存] をクリックします。

引用元 https://support.google.com/youtube/answer/157177?source=gsearch&hl=ja

YouTube動画を撮りためておけば、いざということきに教材やコンテンツとして使用することができます。

簡単なオープニングやBGMを編集で付け加えることで本格的なコンテンツとなります。

ブログで公開しよう

現在は自分のブログや媒体を持っている方も多いかと思います。ブログやメルマガでインプットした内容を伝えてみてください。

動画で言葉で伝えるのと、文章で伝えるのとではまた伝え方が変わってきます。

またステップメールなど内容を分割して伝えることにより、読者の方も楽しみに待ってくださいます。

テキスト化することで

  • 箇条書きで簡潔にまとめることができる
  • あとから読み返すことができる

などの活用方法があります。

インプットとアウトプットの注意点

インプット注意点 正確な情報を手に入れよう

人に伝えるためにはまずその情報が正確な情報でなければいけません。

間違えている情報を得て人に伝えても仕方ありません。

正確な情報を、より分かりやすく伝えるアウトプットをするためには正しい情報をインプットするという事が重要です。

インプット注意点 インプットする時間を決めよう

本を読んだり、セミナーに参加してインプットをするかと思いますが、勉強をするというのはいくつになっても気が進みません。

ついつい後回しになり、読む本がいっぱいたまってしまう…という状態になることもあります。

そのためインプットする時間を決めて行動しましょう。

  • 毎朝9時
  • 毎週月曜日と金曜日
  • 月に2回はセミナー参加

など予定を定例化しておきましょう。アウトプットを続けるためにはインプットを続ける必要があります。

アウトプット注意点 すぐに行動しよう

インプットした情報はすぐにアウトプットをしてください。

人はすぐに忘れてしまいます。得た情報をフル活用するためにはすぐにアウトプットをしなくてはいけません。

インプットをしながら要点をメモ等でまとめておくとすぐにアウトプットの準備に取り掛かれます。

インプットする前に、社内勉強会などのアウトプットの日程を決めておくと、アウトプットが遅くなりません。

24時間以内と1週間後ではアウトプットの内容が変わってしまいます。早ければ早いほど密なアウトプットをすることができます。

アウトプットは後回しにせず、最優先で行いましょう。

アウトプット注意点 目的を明確にしよう

ただアウトプットをして終わりでは本当のアウトプットにはなりません。

アウトプットした後

  • 自分自身
  • 伝えた相手

にどのような姿になってほしいのでしょうか。

自分自身はより知識が身に付き、伝えた相手は行動ができるようになっていないと意味がありません。

  • ただ勉強会をしただけ
  • ただブログに情報を書いただけ

ではアウトプットをしたことにはなりません。

「今すぐ行動」できるような情報やアイデアを提供しましょう。

アウトプット注意点 自分の言葉で伝えよう

インプットした情報をそのまま伝えるだけでは本を読んでいるのと変わりません。

あなたの言葉で、あなたの想いや考えをのせてアウトプットしましょう。

インプットした情報をもとにあなたの考えを伝えてください。

また普段からアウトプットをしているイメージを持ち続けてください。

「この話自分だったら人にどう説明するだろう」と常に考えることで、アウトプットの力がどんどん増してきます。

  • 間の取り方
  • 会話のスピード
  • 目の合わせ方

など他の方はどのようにしているか参考にしてみるのもいいでしょう。

人気のある講師などを参考にして自分のアウトプット方法に取り入れてみてください。

また音声や録画などをしてみてお客様目線で自分のアウトプットしている言葉をチェックしてください。

まとめ

人の前で何かをするのが苦手な人も、インプットしたことをわかりやすく伝えるという事はできるのではないでしょうか。

いきなり大勢の前に立つのではなく、社内勉強会やブログを活用して少しずつ規模を広げればスムーズなアウトプットができると思います。

インプットした大切な知識をそのまま頭の中に放置しておいては意味がありません。

必ずアウトプットをして自分の知識にして、人に伝えていきましょう。

アウトプットを繰り返すことで知識がどんどんあなたのものになっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*